Straw Chair by Charles Dudouyt

Optional short description text

Straw Chair by Charles Dudouyt

France / 1940s

Size : W470 D390 H840 SH445 mm

Stock : 6 pics

180,000 JPY+tax / each


Charles Dudouyt


20世紀初頭のフランスのデザインの主要人物であったチャールズ・デュドイは、フランスのデザインの美学を精巧な古典主義をベースにモダニズムの感性に沿ってデザインを構築していきました。 第一次世界大戦後、デュドゥイは照明やその他の装飾品を製造するための設計や製図を一旦休止しました。 彼は1933年にパリに移り、フランスの古典主義から離れ、より洗練された現代的な形式を取り入れるようになりました。 彼のデザインは芸術作品や工芸品に由来し、木材のような単純な素材への素直なアプローチが特徴です。 デュドイはパリへ移り、より大きな生産規模で製作するようになります。 彼は装飾品を作ることから、テーブルや椅子を含む大きな家具製作へと製作対象を広げ、多くの作品を残しました。

A major figure in early 20th-century French design, Charles Dudouyt moved France’s design aesthetic from an elaborate classicism to a more modernist sensibility. Following World War I, Dudouyt abandoned painting and drawing to manufacture lamps and other decorative objects. He moved to Paris in 1933 and turned away from French classicism, adopting more refined contemporary forms. His style found parallels with the arts and crafts movement, characterized by an honest approach to simple materials like wood. Dudouyt’s move to Paris coincided with a more ambitious scale of production; he switched from making decorative objects to large furniture sets including tables and chairs.


Antique Sculpture Stand

Next Project

See More