Night Stand designed by Pierre Chapo

Night Stand designed by Pierre Chapo

France / 1970s

Size : W500 D370 H420 SH455 mm ​

65,000 JPY+tax


Pierre Chapo


ピエール・シャポーはフランスのデザイナーで、上質な木製家具を数多く残したことで知られています。シャポーは、1927年にクラマート郊外で職人の家系に生まれました。1958年、彼はパリのEcole Nationale Superieure des Beaux-Arts のインダストリアルデザイン科を卒業した後、クラマールとパリに工房を開設し、多くのプロダクトを製作しました。同時代に活躍したデザイナー、シャルロット・ペリアンの家具の多くは金属部品と少量の木材の組み合わせであるのに対して、シャポーは木材のみで多くのインテリアプロダクトを生み出しました。彼は後にフランスのゴルドに工房を移し、そこでも多くの製品を製作しました。同時に彼は彼のスタジオで木工に関する一連の講義を行い、後進の指導にも当たりました。彼は1987年にフランスのゴルドで亡くなりました。

Pierre Chapo is a French designer known for his finely made wooden furniture. Born in 1927 in the suburbs of Clamart, Chapo comes from a line of craftsmen. In 1958, he graduated in Industrial Design at the Ecole Nationale Superieure des Beaux-Arts in Paris and opened a studio in Clamart and Paris. The furniture of Charlotte Perriand, namely metal parts and small quantities of wood, is her main source of inspiration. However, Chapo is interested only in interior decorations made exclusively of wood. He later moved to Gordes in France, founded the Chapo Society and gave a series of lectures about woodworking in his studio. He died in 1987 in Gordes, France.


Dining Table and ‘S11’ Chair in Cognac Leather by Pierre Chapo

Next Project

See More